柏レイソル 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#10 大津祐樹

大津 祐樹は、茨城県水戸市出身のサッカー選手です。Jリーグ・柏レイソルに所属しました。元日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダーです。利き足は右足で、背番号は10番です。彼は柏レイソルのチームメイトにより「チャラ男」という愛称が付けられました]。ファッション雑誌に登場することも多く、2012年12月にはワニブックスから1stフォトブック『おーつゆーきです。』が刊行されました。

以下のユニフォームは大津 祐樹が着用されたユニフォームです。彼のネームや背番号をプリントします。

新なホームユニフォームはクラブカラーである黄色を基調に、世界の地平線から太陽(レイソル)が昇っていく様子を表現したグラデ―ションを採用しています。襟に「柏から世界へ ENDLESS TRIP TO ASIA」のメッセージを入れることにより、 チーム、サポーター、スポンサーなどクラブに関わるすべての人々の熱い気持ちが込められています。引き続き全身黄色のコーディネートだが、ここ数年に比べると黒が多く取り入れられている印象でした。メーカーロゴやクラブエンブレムは胸前に配置しています。

このユニフォームが気に入りましたら、ここをクリックして続きを読みます

2017 柏レイソル アウェイ ユニフォームを発表した。

  柏レイソルは、日本の千葉県柏市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。・本拠地: 日立柏サッカー場・監督: 吉田達磨(2015年から)・本拠地: 千葉県柏市・所属リーグ: J1リーグ・設立: 1940年

  今日は、2017 柏レイソル アウェイ ユニフォーム(2nd)を紹介します。まずは写真をご覧になってください。

  アウェイユニフォーム(2nd)は青を基調としたデザインしました。柏では2015-16アウェイのパンツやトレーニングウェアなど近年“青”の台頭が目立っており、その流れを受けて2017モデルではユニフォームのメインカラーに採用されました。右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムをデザインしました。パンツとソックスは青で、全体としてはやはり青の印象が強い。

2017 柏レイソル ホーム ユニフォームが登場!

  今日、2017シーズン新柏レイソル ホーム ユニフォーム(1st)を紹介します。柏レイソルは基本的に2年ごとにユニフォームのデザインを更新しておりますから、つまり今回の新ユニフォームも2018年まで使う可能性が高いかもしれませんよ。(写真イメージは下の通り)

  新なホームユニフォームはクラブカラーである黄色を基調に、世界の地平線から太陽(レイソル)が昇っていく様子を表現したグラデ―ションを採用しています。襟に「柏から世界へ ENDLESS TRIP TO ASIA」のメッセージを入れることにより、 チーム、サポーター、スポンサーなどクラブに関わるすべての人々の熱い気持ちが込められています。引き続き全身黄色のコーディネートだが、ここ数年に比べると黒が多く取り入れられている印象でした。

  スポンサーは仮とのことだが、背中下部に2016シーズン途中から契約した「ジールホールディングス」。また、パンツには柏のチケッティングパートナーでトレーニングウェアスポンサーとしてもお馴染みの「ローソン」のロゴが見えます。

2015/2016 柏レイソル ホーム ユニフォーム 半袖

  柏レイソルの2015シーズンホームユニフォームのデザインコンセプトは『新たなる第一歩』。2015年の監督を迎えチームが大きく変わることから、伝統的な黄色のホーム(1st)には、新生レイソルが新たなる第一歩を踏み出すイメージを「太陽王(レイソル)が昇る地平線」に見立てたドットボーダー柄で表現しました。ドットには差し色としてお馴染みの燃える太陽をイメージした赤と黒が使われています。

  J1復帰初年度でいきなり初優勝を飾った2011年以降、天皇杯(2012年)、ヤマザキナビスコカップ(2013年)と毎年タイトルを獲得してきた柏レイソル。その立役者であるネルシーニョ体制6年目の2014シーズン、チームは近年では優勝した2011シーズンに次ぐ4位という好成績で最終的にACL出場権を獲得したが、決して順調な一年ではありませんでした。

  大きな戦力ダウンとなったはずだが、そこは名将ネルシーニョ監督。卓越したマネージメントでチームをまとめ上げ、最後は見事な7連勝でフィニッシュ。最終節でサガン鳥栖を抜き去り、4位の座を確保しています。

 

  サプライヤーは前続きは「ヨネックス」。ロゴの表記や位置がホームとアウェイで違う点も面白い。ユニフォームスポンサーは、胸が「日立製作所」、背中が「アメリカンファミリー生命保険会社」、袖が「日立アーバンインベストメント」、パンツが再び「日立製作所」で、いずれも継続しています。襟の後ろは「日立台」と「R」がバランスよくプリントしています。

  背番号下には2012年から支援を行っている「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」のロゴが入りました。ホームのパンツとソックスは黄色で、全体としてはやはり黄色の印象が強い。

2015-2016 柏レイソル アウェイ ユニフォーム 半袖

  今日は「2015-2016 柏レイソル アウェイ ユニフォーム 半袖」を紹介します。柏レイソルを応援する大ファンたちは2015-2016シーズンの柏レイソル アウェイ ユニフォームをお持ち帰りましたか。2015年、ヨネックスは15/16シーズンの柏レイソルアウェイユニフォームを公式に発表しました。総体に言えば、アウェイユニフォーム(2nd)のデザインはとてもシンプルです。

 

 

  柏レイソルアウェイ(2nd)は、白を基調にしたシンプルなデザインを採用しました。ポイントカラーとして青系の新色「ミッドナイトネイビー」を採用し、心をクールにして戦う選手をイメージしています。ユニフォームのボディーは白地となります。襟と袖口のカラーは同様です。ホームユニフォームと違い、アウェイユニフォームのロゴの表記や位置が右胸ではありません。右の肩のところで配置しています。アウェイのパンツとソックスは青系で、お洒落。

柏レイソル ホーム ユニフォーム 半袖 2013/2014

  柏レイソル ホーム ユニフォーム 半袖 2013/2014のデザインコンセプトは「太陽王(レイソル)降臨」。シャツもパンツもレイソルイエローをベースにし、コロナレッドをアクセントに配することで、勝利のため地上に舞い降りた太陽王の姿をイメージしました。選手の背面の刺繍「SOMOS R(スペイン語で“我々はレイソルだ”の意)」でレイソル戦士としての誇りを示し、襟下に印字された「日立台」の文字は、聖地を背負い、チーム、サポーター、サプライヤーであるレイソルファミリーが一体となって戦うのだという、選手たちの気概を表現しました。